ヨガは老化を遅らせる

以下はアメリカ国立図書館のホームページに掲載されている論文の要約です。

世界最古の健康システムの一つであるヨガは、健康的な老化に寄与できるとの新たな研究結果が注目を浴びています。最近まで、その効果に関する科学的な証拠は、小規模な研究に大きく依存していましたが、それが変わりつつあります。多数の良質の研究が、ヨガの実践が細胞の老化、可動性、バランス、精神的健康、認知機能の低下の予防—すべて高齢者にとっての関心事—に肯定的な影響を持つことを示すデータを提供しています。

ヨガの起源は紀元前1000年まで遡ることができ、ポーズ(アサナ)、呼吸制御、瞑想、スピリチュアルな実践に関する様々な定義を持つ原典が存在しますが、現在、医学的な制限のある人々(老化、妊娠、慢性疼痛、糖尿病、脳卒中、心不全、軽度の外傷性脳損傷および脳の健康に加えて他の多くのさまざまな健康状態の問題を抱えている方々)のために行われているヨガでは、ヨガのポーズや動きを様々に適応させています。たとえば、椅子に座ったままでも、車椅子に乗ったままでも安全に行うことができます。

ただし、多くの研究は、ヨガの実践が一般的に安全であることを示唆していますが、健康な人々にとってもリスクがあるように、あらゆる運動にはリスクがあります。日本のヨガクラスに通う慢性疾患患者や外来患者2508人、およびヨガセラピスト271人の調査では、筋肉の痛みが最も一般的な有害事象であった(5.3%)、関節の痛み(4.9%)、筋肉のけいれん(1.7%)、めまい(4.0%)、しびれ(1.9%)、筋肉のぴくぴく(1.6%)、気絶感(1.3%)、頭の重さ(1.0%)、咳(3.2%)、鼻詰まり(1.2%)、鼻水(1.1%)。

しかしながら、最近の研究は、「ヨガが老化のプロセスに抗う」という仮説をサポートしています。古典的なヨガのポーズ、呼吸運動、および瞑想を取り入れた12週間ヨガを行ったグループは、細胞の老化のバイオマーカーのレベル、すなわちDNA損傷の産物である8-OH2dG、酸化ストレスマーカー、および細胞の時計であるテロメアに肯定的な変化と関連していることを示しました。

ヨガはまた、高齢者の身体的健康にも肯定的な影響をもたらすことが示されています。ヨガは可動性、バランス、筋力、耐力、および呼吸機能の改善を促進します。さらに、ヨガは、全体的な心血管健康、血圧、呼吸数、脈拍数、酸素飽和度にも肯定的な影響をもたらします。

ヨガの実践は、高齢者の精神的健康と認知機能にも多くの利点をもたらしています。瞑想やリラクゼーションを含むヨガの実践は、不安、うつ病、ストレスの軽減を助けます。ヨガの実践が認知機能の低下の予防に役立ち、記憶、注意、集中力、情報処理速度の改善を促進することも示されています。

出典:Yoga for Healthy agingより

高齢者向けのヨガのプションとしては、身体の状態に応じて、ゆっくりとした動きに焦点を当てたヨガを選んでください。また、シニアの体に合わせたヨガを提供できる指導者を見つけることが重要です。

関連記事

  1. ヨガセラピー9つの健康効果

  2. 更年期障害とヨガ

  3. 自然の摂理に寄り添うヨガ

  4. だれでも腹筋

  5. ヨガセラピーの効果とは

  6. 肩凝りとマウスの位置、胃もたれと座り姿勢

スタジオアクセス

北浦和駅より徒歩1分のスタジオ

JR北浦和駅西口より徒歩1分

  1. 北浦和駅改札を出て左側へ進む(西口)。突き当り右側の階段を降りる。
  2. 「埼玉りそな銀行」沿いを進む。大きな道路の信号に出る手前の左側のトンボビル6F
  3. (1Fは「トンボ歯科医院」さん、3Fは「アウラ学童」さんです。)